僕における、指圧の大先生がこの世を去ったことについて。

昨日指圧の大先生が亡くなったんです。

僕が教わったのは、お亡くなりになる一週間前でした。

最後の練習会。

最後笑顔で会話できたのが良かったです。

僕の中では、全くめちゃくちゃな注文(教え)を毎回してくる先生でしたが、お亡くなりになった今、思い出しながら改めて考え直してみました。

あの感じは大事にしないとなと僕の宝物になっていることに気が付きました。

僕はその意思を少しでも反映させていきたいと思いました。

ここで言うのもおかしいかもしれませんが、ぜひ指圧の業界を見守っていてください。ご冥福をお祈りいたします。